インターネット限定販売プロピオン酸菌ヨーグルト

ビフィズス菌を増やす効果のある次世代のプロバイオティクスプロピオン酸菌を使ったヨーグルト「プロピル」について
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by 2015.02.16 Monday | - | - | permalink
<< 新しいヨーグルトの食べ方「ホットヨーグルト」 | main | ヨーグルトはカロリー高いのでしょうか? >>
離乳食にも良いヨーグルト
カルシウムが豊富なヨーグルト。
小さなお子さんがいる方は、離乳食として食べさせている方も多いのではないでしょうか?

ヨーグルトは、離乳食としても最適です。
しかし、ヨーグルトにはさまざまな成分が含まれていることを頭に入れておきましょう。

そして、体に良いからといって、過度に食べさせないことです。
また、食べるときは工夫してあげると良いかもしれませんね。

一般的に、ヨーグルトは離乳食としてオススメしている方が多いと言われています。

離乳食として好まれる理由
発酵食品であることと、タンパク質やカルシウムなどの成分が消化しやすいから
爽やかな風味は赤ちゃんが好む味

ということで、離乳食として最適だと言われています。

味つけもいろいろできますから、アレンジしやすいのもママにとって助かりますね。

ただ食べ方があり、当然“食べ過ぎ”はNGです。

これは離乳食に限らず大人も同じで、食べ過ぎは逆効果だと言われています。

妊娠中であれば、常食はしないのが賢明。
たとえ低脂肪でも、子供がアレルギー体質になる恐れがあるので、食べ方には十分気をつけましょう。

また、離乳食にするなら、「プレーン」が◎。成長期によって併せる食べ物はいろいろ工夫したほうが良いですね。

<引用元:ヨーグルト食べ過ぎの影響サイト>

習慣で健康に
今注目の第3世代プロバイオティクス!
CMでもお馴染みのプロピルヨーグルト
posted by 2014.03.25 Tuesday | comments(0) | - | permalink
スポンサーサイト
posted by 2015.02.16 Monday | - | - | permalink

コメント